ここから本文です

最下位相手 隙与えず J1リーグ第17節・磐田

7/2(日) 8:25配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 磐田の名波監督は試合前、選手にこう伝えた。「順位の差は関係ないし、そもそもチーム力に差はない」。ただ、言葉とは裏腹に、最下位新潟との力の差は歴然だった。相手に隙を与えず、2試合連続の完封勝利。11年ぶりの4連勝は、今の磐田の力を印象づけるものだった。

 シュート数6本は今季2番目に少ない。川辺も「内容のない試合だった。今までなら引き分けや負けで終わることが多かった」と振り返る。序盤は新潟に合わせる時間が多く、煮え切らない展開だった。

 だからこそ磐田の強さが際立った。前半40分に先制し、後半9分に桜内の今季初得点でリードを拡大。修正力の高さを見せ、後半は新潟にシュートを打たせなかった。

 下位相手に確実に勝ち切り、中村俊は「連勝よりも、どうしても落としてはいけないプレッシャーの中で勝てたことが大きい」と言う。G大阪、浦和、FC東京からの3連勝が、勢いだけではないことを証明し、確かな手応えをつかんだ。

 前半戦を8勝4分け5敗の勝ち点28で折り返した。無失点試合は昨季1年間と同じ7度目で、勝利数も並んだ。「指1本でもいいから上位陣にしがみついていきたい」。名波監督の言葉からは、後半戦のさらなる躍進を予感させた。

静岡新聞社