ここから本文です

バレンティン「セカンドコリジョン」初適用 危険なスライディングで併殺完成

7/2(日) 6:04配信

デイリースポーツ

 「阪神3-1ヤクルト」(1日、甲子園球場)

 今季から導入された併殺阻止の危険なスライディングを禁止する「セカンドコリジョン」が初適用された。七回1死一塁。ヤクルト・大引の二ゴロで一走・バレンティンが、遊撃の糸原に対して危険なスライディングをしたと白井二塁塁審が判断。リプレー検証の末、ルールを適用し、守備妨害を宣告した。打者走者もアウトとなる決まりで併殺となり、バレンティンに警告が与えられた。

【写真】死球で一触即発…バレンティンvs菅野にらみ合いで球場騒然

 阪神はこの回から桑原が登板。先頭のバレンティンに左前へ運ばれた。1死後にコリジョンが適用されてチェンジ。これがなければ2死一塁と走者を残していただけに、ラッキーな形となった。

 丹波責任審判は「野手に向かったスライディングと判断。タイミングや接触したかどうかは関係ない」と説明した。同ルールのリプレー検証は、6月3日の阪神-日本ハム戦(甲子園)以来2例目で、適用は初めてのこと。バレンティンは「接触していないし、それほど危険なスライディングと思わなかった」とぶ然。金本監督は「今年から新ルールになって、ビデオを見て審判がそういう判断をしてくれたので」と振り返った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 17:50