ここから本文です

休耕田で泥リンピック 浜松市北区・引佐

7/2(日) 8:18配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市北区引佐町の若者グループ「√173(ルートいなさ)」は1日、同町伊平地区の休耕田を活用し泥遊びを楽しむイベント「泥リンピック」を開いた。親子連れ約60人が水を張った田んぼを駆け回り、引佐の自然を満喫した。

 地元住民から稲作を行っていない水田約100平方メートルを借り、10~20代のメンバーで耕した。イベントでは子どもだけでなく大人も泥だらけになりながら、サッカーやドッジボールを楽しんだ。

 同グループは地域資源を生かした遊びを企画、地域の魅力を発信している。杉山真之介代表(23)は「子どものころ遊んだ場所は思い出に残るはず。大人になっても引佐を身近に思ってくれたらうれしい」と話した。

静岡新聞社