ここから本文です

67人が立候補 那覇市議選が告示

7/2(日) 17:39配信

琉球新報

 任期満了に伴う那覇市議会議員選挙は2日告示され、定数40に67人が立候補を届け出た。投開票日は9日。城間幹子市長就任後初となる市議選で、待機児童対策や協働のまちづくりなど、城間市政の評価が争点となる。来年の那覇市長選、県知事選の前哨戦とも位置づけられ、城間与党が多数を維持できるかに注目が集まる。
 候補者は、現職31人、元職3人、前職2人、新人31人。67人のうち、与党的立場が24人、野党的立場が15人、是々非々など中立的な立場が28人となっている。男女別では男性54人、女性13人。候補者数は2009年と同数で前回選挙より10人増えた。
 候補者は2日朝から、各地で出発式を開き、集まった支持者を前に「絶対に当選させてほしい」と第一声を上げた。
 期日前投票は3日から8日まで。市役所本庁舎で午前8時半~午後8時、首里支所と真和志庁舎は午前9時~午後6時、サンエー那覇メインプレイスとイオン那覇店は午前10時~午後8時。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7/2(日) 17:39
琉球新報