ここから本文です

6階級王者パッキャオ敗れる大波乱 豪州の無名挑戦者にまさかの0-3判定

7/2(日) 14:00配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBO世界ウエルター級タイトルマッチ」(2日、ブリスベン)

 WBO世界ウエルター級タイトルマッチがオーストラリア・ブリスベンのサンコープ・スタジアムで開催され、世界6階級を制した同級王者のマニー・パッキャオ(38)=フィリピン=が0-3の判定で、1位のジェフ・ホーン(29)=オーストラリア=に敗れる大波乱となった。

【写真】パッキャオが「世紀の一戦」で稼いだ驚がくのファイトマネーとは…

 ラグビーW杯などでも使用された5万5000人収容の地元ファンの声援を受けた挑戦者が初回から積極的にパンチを出す。パッキャオは、頭から突進してくるホーンにリズムをつかめず、6回と7回に偶然のバッティングで前頭部をカットする。9回、左強打を連発してホーンの動きを止めるが、10回以降回復したホーンを反撃を許し、最終ラウンドのゴングを聞いた。

 終了直後、陣営とともに勝利をアピールするホーンに対し、パッキャオはコーナーにひざまずいて祈りを捧げる。運命の判定は117-111、115-113、115-113。終始前に出て手数を出した地元のホーンが支持された。

 今回、ホーンに世界レベルでの実績がなかったこともあり、パッキャオに09年11月のミゲル・コット(プエルトリコ)戦以来となるKO勝利が期待されていた。しかし結果は世界を揺るがすものとなった。

 一躍スターとなった新王者は「チーム、家族、みんなが支えてくれた結果。いつかこういう日が来ると信じていた。再戦?もちろん応じます。また皆さんの前で勝ちますよ」とリング上で喜びを爆発させた。

 パッキャオの通算戦績は68戦59勝(38KO)7敗2分け。

 ホーンは18戦17勝(11KO)1分け。