ここから本文です

ルメール騎手、函館競馬場初V JRA全10場勝利を決める

7/2(日) 11:16配信

スポーツ報知

 2日の函館2R、3歳未勝利(ダート1700メートル、14頭立て)は、ゴールドアリュール産駒のレイダー(牡、堀宣行厩舎)が早め先頭から押し切って快勝。鞍上のクリストフ・ルメール騎手にとっては、函館競馬場での初勝利となった。勝ち時計は1分46秒9。

 スッとスタートを決めて2番手に取り付くと、3角過ぎに先頭へ押し上げる。直線も余力は十分で、最後は2着馬シンゼンムサシに3馬身差をつけた。単勝オッズ1・7倍の断然人気に応えたルメール騎手は「馬もリラックスしていて、4角からいい反応だった。瞬発力よりは長くいい脚を使うタイプ。距離もちょうど良かったね」と好感触。前日7月1日の1R(マリームーン=5着)から、7戦目での函館初白星に、「ついに、だね。昨日は2着が2回。函館はコーナーがきつくてスピードがいるコースだけど、やっとひとつ勝ててうれしい!」と笑顔だった。同騎手はこれで、JRAの全10場の競馬場で白星を挙げたことになる。

最終更新:7/2(日) 17:59
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ