ここから本文です

【函館新馬戦】スズカマンサク逃げ切り 父ロードカナロアの主戦・岩田がV導く

7/2(日) 13:09配信

スポーツ報知

 7月2日の函館5R、2歳新馬(芝1200メートル、10頭立て、アルトコインは競走除外)は、ロードカナロア産駒のスズカマンサク(牝、栗東・橋田満厩舎)が逃げ切り勝ち。1番人気に応えて、父譲りのスピードを見せた。勝ち時計は1分10秒9。

 岩田騎手を背にスタートを決めてハナに立つと、そのまま余力十分に伸びて快勝。3番人気の2着馬ドナカデンツァに1馬身1/4差でゴールを駆け抜けた。「ウッドチップコースでの調教ではきつそうなところもあったけど、実戦で芝コースに入ったら軽い走りをしてくれた。お父さんのいいところも出ていると思う。小柄な馬(馬体重は412キロ)だけど、まだまだ成長していける」と父ロードカナロアの主戦だった岩田は今後に期待を寄せた。橋田調教師も「素直に走ってくれたね。次は函館2歳S(23日、函館・芝1200メートル)になると思うけど、様子を見ながら決めていきたい」とうなずいていた。

最終更新:7/2(日) 13:09
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ