ここから本文です

広島3連勝 鈴木が逆転3ラン、7年目捕手・磯村はプロ初アーチ

7/2(日) 17:09配信

デイリースポーツ

 「広島6-4中日」(2日、マツダスタジアム)

 広島がカード3連勝。3-4で迎えた八回、鈴木の左越え16号3ランで逆転した。0-3の四回は丸の右越え14号ソロで1点。1-4の七回は7年目捕手・磯村のプロ初本塁打となる左越え1号2ランで1点差に迫っていた。

 先発・大瀬良は4回1/3、9安打4失点。

 お立ち台には価値ある本塁打を放った2人。プロ初アーチの磯村は、「メッチャうれしいです。初球からいこうと思っていた。打った瞬間は覚えてないが、みなさんの歓声で『あっ、ホームランになったんだな』と感じながら走っていた。(初のお立ち台も)最高で~す」などと喜びを爆発させた。

 逆転3ランの鈴木は、「最高で~す!前の打席がふがいなく悔しい思いをしていた。大声援を受け、打ちたいという思いで打席に入ったが、ああいう結果になって良かった。(初球から体の近くにきて)当てないでくれと思った。ああいう攻めは今後も続くと思うので打てて良かった。(何度もガッツポーズは)自分に情けないという思いが強かった。あそこで決められて、出ちゃいました」とかみしめるように話した。

 中日は3連敗。初回、大島の中前適時打、藤井、福田の右前適時打で3点を先制。3-1の五回は谷の左前適時打で1点を追加したが逆転された。先発・柳は7回5安打3失点。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 6:25