ここから本文です

巨人、エース級立ててのカード3連敗に由伸監督「もちろん痛い」

7/2(日) 18:23配信

デイリースポーツ

 「巨人1-9DeNA」(2日、東京ドーム)

 巨人は投打にいいところなく4連敗、借金は11にふくれあがった。

【写真】山口俊、OB宮本氏に「ミスター炭水化物」と命名される

 先発の山口俊は古巣のDeNAを相手に4回9安打6失点でKO。打線も8安打を放ちながら、五回の相川の犠飛による1点だけ。これで同一カード3連敗となった。

 初回、山口俊が左翼席のDeNAファンから大きなブーイングを浴びて、苦笑いする場面も。山口俊にとっては投げにくい状況だったのでは、と問われた高橋監督は「ある意味で(ブーイング)は普通じゃないですか」と否定した。

 指揮官がやり玉に挙げたのは、その後、リリーフして失点を重ねた若い投手陣。「チャンスなのでひとつひとつ結果を出して、積み上げてほしかった」と苦言を呈した。

 DeNAとの3連戦は菅野、マイコラス、山口俊の3人を立てながら、まさかの同一カード3連敗。高橋監督は「もちろん痛いです」と言葉少なだった。

スポーツナビ 野球情報