ここから本文です

15歳・白岩優奈、新プログラムを披露「静かな曲で演技したいと思った」

7/2(日) 20:38配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケートのアイスショーが2日、大阪府高槻市の関大たかつきアイスアリーナで行われ、白岩優奈(15)=関大KFSC=は、今季の新ショートプログラム(SP)「亜麻色の髪の乙女」を黄色の衣装で披露した。

 「去年のSPは楽しくてはじけるような曲だったので、今回は静かな曲で演技したいと思った」と白岩。フリーは「展覧会の絵」で臨むと話し「去年使うつもりだった曲。骨折して使えなかったので」と説明した。

 また練習では、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に加え、トゥループ、ループ、サルコーといった複数の4回転ジャンプの練習に取り組んでいるという。「今シーズンは自分に勝つのが目標。自覚を持って、シニアとして練習していきたい」と力強く話した。