ここから本文です

【ラジオNIKKEI賞】マイネルスフェーン5着…柴田大「これからまだ良くなる」

7/2(日) 17:26配信

スポーツ報知

◆第66回ラジオNIKKEI賞・G3(2日・芝1800メートル、福島競馬場、良)

 2番人気のセダブリランテスがデビューから無傷の3連勝で、ディープブリランテ産駒初の重賞制覇を果たした。騎乗した石川裕紀人騎手(21)=美浦・相沢郁厩舎=はデビュー4年目の重賞初V。首差の2着に逃げた8番人気のウインガナドル(津村明秀騎手)。3着は道中最後方から末脚を伸ばした9番人気のロードリベラル(吉田隼人騎手)が入った。1番人気のサトノクロニクルは6着に敗れた。

 柴田大騎手(マイネルスフェーン=5着)「内容は悪くなかったし、距離は1800~2000メートルぐらいがよさそう。これからまだ良くなってくると思う」

最終更新:7/2(日) 18:47
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ