ここから本文です

小池百合子代表が勝利宣言 自民のオウンゴールは「敗因分析は自民党がされること」

7/2(日) 22:25配信

デイリースポーツ

 東京都議会選挙の投開票が2日行われ、小池百合子都知事が代表を務める都民ファーストの会が圧勝する見通しとなった。都内に設けられた同会の開票センターで小池代表が実質的な勝利宣言とも言える総括会見を行った。スキャンダルが相次ぎ逆風が吹き荒れた自民党の敗因については「その分析は自民党がされること」と多くを語らなかった。

【写真】選挙戦最終日、安倍首相に「辞めろ」の大合唱

 冒頭で「今回の都議会選挙。第一党の座を確保することができました」と“勝利宣言”をした小池代表は、「都民の皆さまがたから改革への姿勢、東京大改革への期待を受けての結果だと思っております」と都民に感謝した。

 政治経験のない新人議員が多く当選することへの懸念もけん制してか、「医師、弁護士、公認会計士、弁護士など、専門性をもった方がたくさんいらっしゃいます。多くが希望の塾で学び、その後の候補者の公募に手を挙げた方でいらっしゃいます。そういった方々が議会に入ることで、これまでにない都政の切り口を議会から発信していただけると期待いたしております」と、資質は十分であることを強調した。

 「情報公開」を政策の「一丁目一番地」とする都民ファーストの会として、「見える化する都政によって、都民に近い都政を築くためにも都民の代表である都議会、新しい皆さんが努力していただき、選んで良かったとそれぞれの地域で感じていただけるように、議員に選ばれた方にはさらなる努力をしていただきたい」と、さらなる研さんも都民ファーストの会の議員に求めた。

 今回の選挙戦では、自民党の「オウンゴール」とも評される不祥事やスキャンダルが相次いだ。「その分析は自民党がされることと思っています」と、この点については多くを語らなかったが、「(今後の)4年間をただの延長線の中で歩むことは東京にとって良くないという思いで101回。総理よりは100回ほど多いんですが街頭演説、しっかり回らせていただいて訴えさせていただいた次第です」と、選挙戦最終日の1日に秋葉原での演説を行っただけだった安倍首相を引き合いに、自身が地道に演説に励んだことを強調する場面もあった。

 政策の優先順位については、「予算の編成のシーズンに入ってまいります」として、予算策定に先駆けて政策の優先順位をつけていくと語ったが、「全体を見ながら、優先順位をつけながら進めていきたい。それが都民の皆さんとお約束をしたことにつながると思います」と、具体的にどの政策から手をつけるかは明言しなかった。