ここから本文です

【兵庫知事選】コラムニスト勝谷誠彦氏落選…現職井戸氏が当確

7/2(日) 21:33配信

スポーツ報知

 兵庫県知事選は2日に投開票が行われ、コラムニストの勝谷誠彦氏(56)は落選した。現職の井戸敏三氏(71)が当選確実を決めた。

 午後8時に投票が締め切られ、約5分後に井戸氏の当確の情報が入ると、背中に「義」の文字が入ったおそろいの青いTシャツを着た勝谷氏の支持者は落胆の声を上げた。神戸市内で情勢を見届け、午後8時半頃に会見場に現れた勝谷氏は「あー、楽しかった!」と第一声を上げた。

 6月15日の告示日に第一声を上げた時と同じ、ビールケースの上で会見。「日本人の生涯賃金の半分くらいを使って、17日間楽しませていただきました。」と独特な表現で振り返った。

 選挙戦では、社民党が推薦し、自民、民進、公明各党の県組織が支援する井戸氏に対し、テレビ出演などによる知名度とインターネットを駆使し、組織を持たない戦いを挑んだ。嫌がらせを受けたり、さまざまな“壁”にぶち当たったりだったそうで「僕は日本の保守と言われていますが、本当の保守がどれだけ腐っているかよく分かりました。どんないい大学に行くより、企業に行くより、いい勉強になりました。死ね!」とぶちまけた。

 5選を決めた井戸氏に向けては、「いいんじゃないですか。そういうくだらない人生を送っていけば」とバッサリ斬り捨てた。

 「最先端の論客として、本当の論陣を張ります。僕は戦場に行ってきた。日本で一番難しい選挙を戦ってきた。勝谷はひと皮もふた皮もむけた」と辛口コラムニストとしての顔をのぞかせた勝谷氏。4年後の再出馬や政治活動について聞かれると、「ないです!」と言い切った。

最終更新:7/2(日) 23:50
スポーツ報知