ここから本文です

大敗北の自民・二階幹事長「マスコミにも感謝」

7/2(日) 22:33配信

スポーツ報知

 「落とすものなら落としてみろ」などとマスコミ批判を連発していた自民党の二階俊博幹事長(78)は2日、都議選での大敗北を受け、党本部で記者団に「最終結果はまだ出ておりませんが、大変厳しい状況」とした上で、「都民の皆様の審判を厳粛に受け止め、反省するところはしっかりと反省をし、全力を尽くして参りたいと思います」と絞り出すように答えた。

 その後はマスコミに対しては感謝の言葉も。「我が党を支援していただいたすべての皆様には深く感謝を申し上げます。敗因をこれからもよく分析をし、今後の都政回復に向けより力を尽くして参りたいと思います。マスコミの皆さんはじめ、多くの皆様に深く感謝申し上げます」と語った。執行部の責任については「これから検討します」と述べるにとどめた。

 二階氏は30日、都議選の応援演説で「言葉一つ間違えたら、すぐいろんな話になる。私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ」と批判していた。

最終更新:7/2(日) 22:33
スポーツ報知