ここから本文です

旧保育所を「自由空間」に 「町分オルタナギャラリー」 川内

7/2(日) 10:11配信

福島民報

 福島県川内村上川内字町分の旧はやま保育所の建物を利用し、民間主導の交流の場づくりが始まった。施設名は「町分オルタナギャラリー」。展示会や音楽イベントなど使い方は自由だ。村内のそば店で働く中村雄紀さん(33)が中心となり、7月から本格的に運営を始める。仲間と改修工事を進めており今後、管理人として生活する。中村さんは「若い人から高齢者まで気軽に集える場にしたい」と村の新たな発信地に育てることを誓う。

■かんぱ、会員支援募る

 町分オルタナギャラリーの運営のため、支援資金を募集している。かんぱ支援は1口1万円、会員支援は1口10万円。会員になると運営に参加でき、1泊1000円で宿泊できる。問い合わせは中村さんへ。

福島民報社

最終更新:7/2(日) 10:54
福島民報