ここから本文です

最先端の義肢「ルーク・アーム」販売へ 米国防総省開発

7/2(日) 8:24配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月2日 AFP】米ニューヨーク(New York)の退役軍人病院で6月30日、近未来的な義肢の実演会が行われた。

「ルーク・アーム(LUKE Arm)」と名付けられた第3世代の義肢は、SF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズでルーク・スカイウォーカー(Luke Skywalker)が装着したロボットアームにちなんでいる。

 何年もの試験を経て、2016年5月に首都ワシントン(Washington D.C.)で初披露されたルーク・アームは、卵のように壊れやすいものからブドウ一粒大の小さなものまでつかむことができ、ねじ回しを扱うこともできる。

 ルーク・アームを製造している米企業メビウス・バイオニクス(Mobius Bionics)の代表、ジェイ・バークホルダー(Jay Burkholder)氏は、注文数量にもよるが、年内にも数十セットは販売可能だと述べている。義肢はそれぞれ受注生産されるが、価格については明らかにされていない。

 一方、米国防総省の研究技術機関である国防高等研究計画局(DARPA)と共にルーク・アームの開発に携わってきた米企業デッカ(Deka)の創立者ディーン・ケイメン(Dean Kamen)氏は、価格は10万ドル(約1100万円)前後になるだろうとの見方を示している。

 最初にルーク・アームを受け取ることになるのは、腕を切断した退役軍人たちだ。イラクやアフガニスタンでの紛争で手足を失った米兵は1600人以上いる。

 今回の実演会に参加した、40年前に左腕を失った退役軍人のフレッド・ダウンズ(Fred Downs)さん(72)は、(ルーク・アームを装着して)物を持ち上げることができたときに涙をこらえたのを覚えていると語った。同じく退役軍人で自動車事故で片腕を失ったアーティ・マコーリー(Artie McAuley)さんは、アメフトの観戦中に応援しているチームがタッチダウンを決めたら以前のように両手を上げて喜べると話し笑顔を見せた。(c)AFPBB News

最終更新:7/2(日) 8:43
AFPBB News