ここから本文です

キャサリン妃の大好物デザートのレシピを教えちゃう

7/2(日) 3:50配信

ELLE ONLINE

2回の出産を経てもなお、スリムな体型を維持しているキャサリン妃。きっと甘いものは食べないにちがいない……と思いきや、大好きなデザートがあるという。

それは、イギリスの伝統的なスイーツ「スティッキー・トフィー・プディング」。プディングとはいえ、日本のプリンとは別物だ。スポンジの上に温かいカスタードやカラメルソースをかけたデザートで、田舎のパブやカフェで出されることも多い、イギリス人にとってはノスタルジックなスイーツ。

なかでも、キャサリン妃が「おいしい!」と太鼓判を押しているのが、バークシャーにあるスタンフォード・ディングリーという村にある「オールドブートイン」というパブのもの。このパブを家族で何度か訪れたことがあるというキャサリン妃は、食事の最後に必ずこのプディングを頼むそう。

どういう味なのか、気になる……イギリスはおろか全世界のキャサリン妃のファンがそう思っているに違いない。そこで、この店のシェフが特別にレシピを大公開してくれた! 日本ではなかなか食べるチャンスのないこのプディング。ぜひホームメイドで試してみて。

「スティッキー・トフィー・プディング」 6~8人分

<材料>
・スポンジ
デーツ(種を除き、細かく刻んだもの) 220g
湯(沸騰させた状態のもの) 1と1/4カップ
バター(室温に戻す) 1/2カップ(大さじ3と1/2はスポンジに入れる。残りはケーキ型に塗る)
ブラウンシュガー 1カップ
卵 2個
糖蜜 大さじ2
メープルシロップ 大さじ1
バニラエッセンス 小さじ1
ベーキングパウダー入りの小麦粉 2カップ
ベーキングソーダ 小さじ1

・ソース部分
砂糖 1/2カップ
バター 大さじ7
生クリーム 170g

<作り方>
1. ボウルに、沸騰した湯とデーツを入れ、そのまま置いておく。
2. 水を張った天板を入れ、オーブンを190℃に予熱する。
3. 20cm角の型にバター(分量外)を塗る。ボウルに、バターとブラウンシュガーを入れ、電動ミキサーで混ぜる。なめらかになったら卵を入れて混ぜる。卵がなじんだら、糖蜜、メープルシロップとバニラエッセンスを入れよく混ぜる。ベーキングパウダー入りの小麦粉を入れ、電動ミキサーを低速にして混ぜる。
4. 湯で柔らかくしたデーツを取り出し、フードプロセッサーにかけてピューレ状にする。ベーキングソーダを入れてよく混ぜたら、3のスポンジ生地に入れて混ぜ合わせ、型に流し入れる。オーブンの中に入れておいた天板に型を乗せ、約35分焼く。表面が固まったらオーブンから出し、少し冷ます。
5. 冷ましている間にソースを作る。鍋を中火にかけ砂糖を溶かし、焦がさないように気をつけつつ加熱する。褐色に色づいたら生クリームを少しづつ加える。跳ねるので注意すること。生クリームをすべて入れたら、スプーンにくっつく程度のとろみがつくまでかき混ぜる。
6. スポンジを正方形に切り、ソースをかけて出来上がり。
 
バニラのアイスクリームを添えて食べるのも、おすすめ。さっそく試してみて!

text : Yoko Nagasaka

最終更新:7/2(日) 3:50
ELLE ONLINE