ここから本文です

瑠璃色のダンゴムシ

7/2(日) 10:16配信

佐賀新聞

 佐賀市若宮の大蔵智子さん(63)と孫の全馬くん(6)が自宅の花壇の手入れをしていると、土の中に何か光るものが-。「ガラスのかけらかな」。2人がよく見ると、鮮やかな瑠璃色の体をしたダンゴムシだった。

 「どうして、こんな色なのか」と疑問を抱きつつ、大事に鍋の中で飼育することに。間もなく、ご近所の評判になり、子どもたちが見学に来ることもあった。注目を集める中、最初は元気に動き回っていたが、6日後に死んでしまい、全馬君らを悲しませた。

 実は、体が青くなる理由はウイルス感染。通常は土中の暗がりを好むが、感染すると明るい場所に出てくる行動傾向もあり、どうやらそこを見つかったらしい。ウイルスが人間に感染することはないが、ダンゴムシは青変した時点で既に“末期”だという。智子さんは「まさか具合が悪くなっていたなんて」。突然訪れた別れを惜しんだ。

最終更新:7/2(日) 10:16
佐賀新聞