ここから本文です

愛は盲目? 犯罪者と関係があったセレブ3

7/2(日) 21:00配信

ELLE ONLINE

その知名度ゆえ数えきれないほど様々な人と付き合わなければいけない芸能人。だからこそ人付き合いは慎重にしなければいけないけれど、うっかり信じて交際した相手が犯罪者だったら……。そんな落とし穴にハマってしまった海外セレブたちをご紹介。

【写真】スペックは人を幸せにしない。スペック婚で不幸になった女性たち

ミランダ・カー

スナチャ富豪のエヴァン・スピーゲルと結婚したばかりのミランダだけど、過去の関係が影を落としそう? エヴァンと出会った2014年に、マレーシアの投資家ジョン・ロウから8億円相当のダイヤモンド・ジュエリーを贈られていたことがアメリカ合衆国司法省の調査で発覚。「ロレイン・シュワルツ」が特別デザインした逸品で、すべてに「MK」のイニシャルが彫られているそう。ジュエリーの購入資金はなんと、マレーシアのナジブ・ラザク首相の肝入りプロジェクトである政府系投資ファンド「1MDB」からジョンが勝手に流用したもので、詐欺&着服という二重の犯罪! 「ミランダの恋人」と噂されるジョンだけど、ふたりが交際していた可能性が低そうなのが救いかも? しかもレオナルド・ディカプリオなど、ほかにも彼に貢がれていたセレブが多数だし、ミランダに責任は無いはず。

アン・ハサウェイ

チャリティ活動で出会って恋に落ちたイタリア人富豪ラファエロ・フォリエリが、実は詐欺師だったという映画のような恋物語を体験しちゃったのがアン。お嬢様育ちの彼女には「バチカンとも密接な関係がある」と自称する土地開発業者ラファエロの嘘を見抜くのは難しかったのかも。しかもふたりで頻繁にイタリアや地中海にバカンスに出かけていたし、高価なジュエリー類なども次々にプレゼントされていたしね。ラファエロの資産を不審に思ってなかった(?)アンだけど、彼女が理事を務めるラファエロ基金の申告漏れを国税局が調査していると知って愕然。さらにFBIが恋人を逮捕寸前と知って、即座に彼を捨てることに! 決断の早さのおかげで、逮捕時には元彼になっていてよかった!

チャーリー・シーン

イケメン俳優として人気だったころから買春に目がなく、薬物依存症でもあったバッドボーイ、チャーリー。危ない生き方を選んでいるせいか、交際相手が服役刑を受けたのは2度。最初は彼と1990年から2年間も交際したポルノ女優ジンジャー・リンで、いわゆるホワイトカラー犯罪者。納税額をごまかした脱税容疑で国税局に告発されて有罪になり、3ヶ月の服役刑を受けている。とはいえ、その脱税額はわずか2087ドル(現在の価値で約23万円)!? 恋人チャーリーの1日分のコカイン代にも満たない額かも。そして2人目はハリウッド・マダムとして悪名を馳せたハイディ・フライス。裁判でチャーリーは検察側の証人として元恋人のビジネスを暴露。ま、HIVキャリアと自覚しながら避妊具を使わない性行為に及んだチャーリー自身も法律的には犯罪者なんだけどね。

(Text : Peaches)

最終更新:7/2(日) 21:00
ELLE ONLINE