ここから本文です

菅田将暉困惑『“Mステティッシュ”あと10個もある』

7/2(日) 0:20配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月26日(月)深夜放送の「菅田将暉のオールナイトニッポン」で、テレビ朝日系「ミュージックステーション」(Mステ)の出演者に配られる“Mステティッシュ”の使うタイミングが分からず、未だに未使用でいると話した。

菅田は今年2017年1月、大ヒット曲『キセキ/GReeeeN』の誕生に至る秘話を描いた映画『キセキ―あの日のソビト―』でメンバーを演じ、その歌声とパフォーマンスが注目を集めた。この劇中で演じたユニット「グリーンボーイズ」として、1月にMステに出演し、その約半年後の6月2日には、ソロデビュー曲『見たこともない景色』で2回目のMステ出演を果たした。

同番組に出演すると、アーティストに“Mステティッシュ”と呼ばれる番組名が記載された箱ティッシュのセットが、アーティストに配られることは有名で、箱ティッシュを手にした写真はSNSにもよくアップされている。
菅田も2回の出演で2セット(10箱)自宅にあるといい、この使い道が分からず困っていると話した。

『Mステティッシュは記念で嬉しいんですが、ただ、いつ使ったらいいのか分からなくて。レアだし簡単に使うわけにはいかないじゃないですか?いいお皿を来客に使うのは分かるけれど、いいお皿を出すくらいのひとにMステティッシュを出すかというと、それも違うし。ティッシュケースに入れたら柄も見えないしね。いつ使ったら良いんだろう。使い道と、使うタイミングが悩みどころなんですよね。』

他にも使い道が分からない物が自宅にはあるそうで、林檎が入っていた大きな木箱が2つあり、元々インテリア用ではない為、素材が粗く、木くずも出て、捨てるにも粗大ごみで手間もかかりそうで処理も出来ずにいると話した。更に、最近、父親から送られてきたマットまでもが菅田を悩ませているという。

『以前このラジオでも、前のベッドがすごく硬かったから、ちょっと柔らかめのものに買い替えたら柔らかすぎて、体が痛くなって疲れも取れにくいって話をしました。その後、親父がベッドの上に敷ける、固いマットを送ってくれたんですよ!「うわぁ、ありがとう!」って思って。こういう時って、本当に親からの贈り物って嬉しい。もらったマットで寝たら、更に柔らかくて……。寝返りをうつ度、アリ地獄のように体が埋もれていくマットレスで。もぉーーオヤジー!って(笑)』

使い道について困っている物の紹介を一通り終えると、いらない物ばかりだということに気付き、「全部捨てるか!!(笑)いる?皆。いらんか……全部捨てないと。ちょっと手伝って?」と助けを求めていた。

ニッポン放送