ここから本文です

意識不明の男性死亡 格闘家、致死容疑切り替え 千葉中央署

7/2(日) 9:45配信

千葉日報オンライン

 知人のプロ格闘家に顔を蹴られた男性が意識不明の重体となっていた事件で、千葉中央署は1日、男性は千葉市中央区星久喜町、飲食店従業員、長沢飛さん(23)で、搬送先の病院で死亡したと発表した。

 同署は先月30日、自宅マンション1階入り口で長沢さんの顔を蹴り、手で上半身を押すなどの暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害の疑いでプロ格闘家の同区中央3、ジムトレーナー、山本勇気容疑者(29)を逮捕。1日に身柄を千葉地検へ送検した。今後、容疑を傷害致死に切り替えて捜査する。

 長沢さんの死因は明らかになっていないが、暴行を加えられた際に壁に頭をぶつけ、くも膜下出血で意識不明の重体になっていた。同日午後4時10分ごろ、千葉市内の病院で死亡した。