ここから本文です

ウニ採る姿に歓声「北限の海女」素潜り実演開始/岩手・久慈

7/2(日) 11:30配信

デーリー東北新聞社

 岩手県久慈市の小袖海岸で1日、今季の「北限の海女」素潜り実演が始まった。地元のベテラン海女2人と地域おこし協力隊の2人が、エメラルドグリーン色に澄み渡る海中でウニを採り、市内外から集まった観光客を喜ばせた。

 海女はおなじみの衣装「かすりはんてん」を着用して登場し、冷たい海に潜って漁を開始。海面に顔を出して採ったウニを掲げると、来場者から拍手や歓声が上がった。

 秋田県湯沢市の販売員沼倉真由美さん(56)は「海女さんは水が冷たいのに、頑張って潜っていたのが印象的だった。ウニは甘味があっておいしかった」と満足げな表情を浮かべた。

 実演は7~9月の土、日曜日と祝日に、午前10時20分、同11時20分、午後2時20分の1日3回実施。見学料は1人500円。平日は10人以上の団体のみ受け付ける。

 問い合わせは小袖海女センター=電話0194(54)2261=へ。

デーリー東北新聞社