ここから本文です

松井玲奈が教える「舞台初日に絶対するべきこと」

7/2(日) 0:39配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月26日(月)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、月曜日アシスタント:松井玲奈)に、東京パフォーマンスドールの高嶋菜七と浜崎香帆がゲスト出演。2人が出演する音楽劇『魔都夜曲(まとやきょく)』の舞台裏側について語った。

これまで、東京パフォーマンスドールの舞台には立ったことがあるけれど、いわゆる“外”の舞台に出演するのは初めてという2人。今回、藤木直人、マイコ、小西遼生、村井國夫などといった大御所達との共演が決まった時は本人たちいわく「ビビりまくった」らしいのだが、実際に稽古が始まってみると、分からないことがあったらすぐに優しく教えてくれるなど、共演者にとても助けられたそうだ。

そして、舞台ではチャイナドレスを着て演技に挑戦する2人。「普通に生きててチャイナドレスって着ないじゃないですか?」と問いかけられた松井は、「”生写真”というものでいろいろ着ましたが、多分チャイナドレスは無い!」と、高嶋と浜崎の衣装に驚きの声を挙げた。

そんな共演者に救われたり、チャイナドレスを着られたりなど、恵まれた環境で舞台の稽古に励んでいるように見える2人だが、やはり大変なこともあったそうで、
具体的には自分がアンサンブル(役名の無い、メインの後ろで歌ったりダンスをする役)として出演しているときの「聞く演技」が難しく、今でも試行錯誤を繰り返しているという。

そして現在、舞台『ベター・ハーフ』に出演中の松井玲奈が、舞台の先輩として2人に、公演に向けて気を付けた方がいいことについてアドバイスをすることに。

吉田:(松井さんは)今はもうかなり舞台女優じゃないですか?

松井:いえいえ……。舞台まだ2本目ですから!まだまだひよっこです!

吉田:まあちょっと先輩じゃないですか?先輩からすると、初舞台のこととか思い出すと「あれ知ってたら良かったな~」みたいなことがあったら。

高嶋・浜崎:あ~!知りたいです!

松井:えー!なんだろ?「初日の日は『初日おめでとうございます』って挨拶に回る」っていうことぐらいしか(笑)。

高嶋・浜崎:あ~!

吉田:まず楽屋の話(笑)。

松井:楽屋の話だった!(笑)。いや大事!今回の『ベター・ハーフ』の時に普通に初日行って、その前の日に本番のリハーサルみたいのやってたんで、皆さんに劇場でもう会ってるから「初日おめでとうございます」って言って回るの忘れていて。普通に朝皆さんに「おはようございまーす!」って言ってたら、他のキャストの方が「初日おめでとうございます!」って挨拶に回ってて、「やばーい!」って。

吉田:セリフが違うんだ!

松井:だから初日の時はちゃんと「初日おめでとうございます」って1人1人の方に言って回るその感じ?大事だなって思いました。

高嶋・浜崎:ああ~~~!学びました~~~!!

舞台本編ではなく、楽屋裏でのルールについてアドバイスをした松井だったが、高嶋と浜崎は、本当に参考になったと満足した様子。
2人が「初日おめでとうございます!」と挨拶回りをする『魔都夜曲(まとやきょく)』公演初日は7月7日(金)だ。

ニッポン放送