ここから本文です

プリスコバ 今季3度目V、ウォズニアッキにストレート勝ち<女子テニス>

7/2(日) 9:04配信

tennis365.net

AEGON国際

女子テニスのAEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、WTAプレミア)は1日、シングルス決勝が行われ、第3シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)が第6シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)を6-4, 6-4のストレートで下し、今季3勝目をあげた。

【ウィンブルドン対戦表】

この試合、10本のサービスエースを放ったプリスコバは、ウォズニアッキに1度もブレークを許さず1時間21分で勝利を手にした。

今大会は、初戦の2回戦でA・リスケ(アメリカ)、3回戦でペン・シュアイ(中国)、準々決勝で第7シードのS・クズネツォワ(ロシア)に勝利。準決勝では、対戦する予定だった第5シードのJ・コンタ(英国)が棄権したため、思わぬ形で決勝に駒を進めていた。

世界ランク3位のプリスコバは今季、ブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTAプレミア)とカタール・トータル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTAプレミア)でタイトルを獲得。グランドスラム2戦目の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)ではベスト4に進出するなど、ここまで好調なシーズンを送っている。

一方、敗れたウォズニアッキは、カタール・トータル・オープンに続き、またもプリスコバに優勝を阻まれ、キャリア26勝目をあげることが出来なかった。

tennis365.net

最終更新:7/2(日) 9:18
tennis365.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ