ここから本文です

クールポコ、「週休5日」でも給料はブレイク当時と変わらず

7/2(日) 13:00配信

AbemaTIMES

 お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』に、アキラ100%が登場した。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティで、アキラは「一発屋としての悩みを解消したい」というリクエストを提案。自身が一発屋になりそうである不安を打ち明け、そうならないために、また、なってしまった際はどうすればいいのか考えていると告白した。

 ここで一発屋の先輩芸人としてクールポコが登場。2人はブレイクした当時のネタで「全盛期と比べてテレビの仕事が激減した男がいるんですよ~」「な~に~やっちまったなあ!」「一発屋は黙って」「土日の営業」「週休5日だよ~」という現在の状況を報告した。

 アキラが「一発屋にならないための心構えを教えてほしい」と尋ねると、クールポコは二発目を当てるためにほかのネタを作り、衣装を脱ぎ捨てことを告白し、当時作ったという「ヒップホップ回転ずし」というネタを披露。ネタが終わると藤本は「二度と出れないよ~」とせんちゃん風にダメ出しした。本人たちも結局「やっちまったなあ!」のネタが一番だと気づいたそうだ。

 しかし現在は、「週休5日」という仕事の状況にもかかわらず、給料はブレイクしていたころと同じくらいもらっているという。小野まじめは、そのからくりについて「CMですね」と回答。地方のCMに3本ほど出演していることから、生活には困っていないという。

 藤本が「じゃあ、テレビは捨てろと」と結論を求めると小野は「一発屋の宿命ですよ。大丈夫です。一発屋でも、一発屋会っていうこれからどうしていこうかを考える会がありますので。HGさんと小島よしおさんを筆頭に定期的に集まる会がありますので」と一発屋でも仲間がいれば安心であると述べると、アキラも納得した様子だった。

(AbemaTV/『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』より)

最終更新:7/2(日) 13:00
AbemaTIMES