ここから本文です

銀時が客いじり、USJに銀魂の演芸場

7/2(日) 8:00配信

Lmaga.jp

『週刊少年ジャンプ』で連載中のSF人情なんちゃって時代劇コメディー漫画『銀魂』。6月30日からスタートした「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)とのコラボ企画で体験できる『銀魂』のアトラクションがちょっと異色だ。

【写真】プラカードで客を煽るエリザベス

『銀魂ライブ・トーク』と銘打たれたこのアトラクションの会場は、提灯が下がる舞台を客席が囲む演芸場スタイル。しかもここは作品に登場する「万事屋銀ちゃん」のUSJ出張所ということで、銀魂の主要キャラがそのまんま大阪に乗り込み、「お客さん、どっから来はったんですか」的な、ちょっとベタで不思議なトークライブがキャラと客席の間で繰り広げられる。

ライブには作品のマスコットキャラクター・エリザベスもおなじみのプラカードを持って参加。瞬時の文字の返しはさすがの反射神経で、もし芸人だったらそこそこのレベル。銀魂おなじみの独特の小ネタ、キャラ同士のつっこみなど世界観がしっかり再現されていて、うっかりしてるとUSJにいるのを忘れてしまいそうになる。

この独特の空気、知ってる人しかわからない感じもあるが、逆にそれを実行したUSJの判断はやっぱり斬新。会場に行ったら元気よく手を挙げて、キャラたちとのおしゃべりを楽しみましょう。「万事屋銀ちゃん USJ出張所」は、10月1日までの期間限定営業。

取材・文/谷知之

最終更新:7/2(日) 8:00
Lmaga.jp