ここから本文です

【速報】滝善充、8ヶ月ぶりに9mmのステージに登場!MOBILE会員限定ライブの激演を観た

7/2(日) 23:20配信

rockinon.com

6月のホールツアー「TOUR OF BABEL」に続いて東京・昭和女子大学人見記念講堂で行われた、「9mm MOBILE」初の会員限定ライブ=「TOUR OF BABEL Ⅱ」。
最新アルバム『BABEL』全曲完全再現も含め二部構成で行われた「TOUR OF BABEL」とは趣を一新。『BABEL』曲をはじめ新曲群も既発曲もすべてが渾然一体となった壮大なロックの風景を、菅原卓郎/中村和彦/かみじょうちひろにサポートギター:武田将幸(HERE)&為川裕也(folca)を加えた5人編成を軸として描き出してみせた。

ライブ後半には曲名にちなんで「バベルのおともだち」という卓郎の紹介とともに、ゲストとして石毛輝(lovefilm, the telephones)が登場。石毛&卓郎のツインリードやthe telephones曲のカバー、さらには卓郎・武田・為川・石毛の4人ギターの爆裂世界など名場面の数々が、9mmのロックスペクタクルを鮮烈に彩っていたのが印象的だった。

そして――本編終了後、暗転した会場にもう一回アタリ・ティーンエイジ・ライオットのSEがかかり、卓郎/和彦/かみじょうに続いて、左腕の不調により8ヶ月にわたって9mmライブ戦線から離れていた滝善充がオンステージ!

“ロング・グッドバイ”の冒頭から超絶タッピングを繰り出す「ギタリスト・滝」に注がれる大歓声を、時に演奏を度外視して最前列に飛び出し衝動のままに両手を大きく広げ、時に狂騒感の権化の如くギターをぶん回し――といった「全身表現者・滝」の予測不能な熱量が、さらなる絶頂へと煽っていく。
6月の神奈川県民ホール公演で観た5人編成の、荘厳なロックシンフォニー感すら漂う“ロング・グッドバイ”とはまるで異なる、それこそ我が身を顧みないほどのスリルとダイナミズムが、この日4人で叩きつけた“ロング・グッドバイ”には確かにあったし、格段にリアルに響く《すべて壊してやるのさ》の歌には胸が震えた。

ライブの最後、轟音の中で「どんな形でも俺たちは9mm」と卓郎は呼びかけていた。
10月からは新たなワンマンツアー「BABEL on Life Line」(昨年の「太陽が欲しいだけ」ツアーで中止となった6会場+Zepp Tokyo)をスタートさせる9mm。すぐに「滝・完全復活」とはいかないだろうが、その音楽とステージングにおける圧倒的なポテンシャルを、さまざまな角度から改めて見せつけられた一夜だった。(高橋智樹)

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:7/2(日) 23:20
rockinon.com