ここから本文です

ツエーゲン金沢、今季初3連勝 横浜FCを3―2逆転

7/2(日) 2:13配信

北國新聞社

 明治安田生命J2第21節(1日)ツエーゲン金沢は金沢市の県陸上競技場で横浜FCと対戦、3-2で競り勝った。2度のリードを許しながら追いつく粘りを見せ、後半34分にFW佐藤洸一が今季9点目をPKで決めて勝ち越し。今季最多8544人の観衆で埋まったホームで、今季初の3連勝を飾った。

 雨上がりのスタジアムで金沢イレブンが会心の逆転劇だ。6月21日の天皇杯2回戦は金沢が2-0で横浜FCに快勝。前回の勢いのまま主導権を握りたい金沢は、前半6分に先制されるなど、カズ(三浦知良)を欠く相手に流れをつかまれたが、冷静な試合運びを見せた。

 前半16分にMF中美慶哉が倒されて得たPKを自ら蹴り込み同点。後半の序盤に再びリードされるも、24分にMF宮崎幾笑(きわら)が天皇杯を含む公式戦4戦連続ゴールで追いつくと、佐藤が決勝ゴール。チームカラーの赤で染まったスタンドは歓喜に包まれた。

 天皇杯を含めれば4連勝。試合後、柳下正明監督は相手のシュートミスに助けられたとしながら「選手は粘り強くプレーした。大勢のサポーターの声援があったから、持ちこたえることができた。赤く染まった光景に感動した」と振り返り、次戦もファンの期待に応える勝負を誓った。

 金沢は8日午後6時から、福岡市のレベルファイブスタジアムでアビスパ福岡と対戦する。

北國新聞社

最終更新:7/2(日) 2:13
北國新聞社