ここから本文です

キレッキレの広島MF柏、浦和に脅威与え続けるが「勝たなければ評価されない」

7/2(日) 0:55配信

ゲキサカ

[7.1 J1第17節 浦和4-3広島 埼玉]

 誰も止めることはできない。そう感じさせるほど、サンフレッチェ広島MF柏好文は圧巻のパフォーマンスを見せ付けていた。

 前半から持ち場となる左サイドを制圧し、幾度となく浦和守備網を切り裂く。しかし、その突破が得点に結び付くことはなく、浦和に2点を先行され、0-2と2点のビハインドを背負って後半を迎えることになった。だが後半2分にFW皆川佑介の得点で1点差に詰め寄ると、柏が立て続けに得点を演出する。

 まずは後半9分、高い位置でボールを奪ってドリブルを開始すると、迷うことなく中央突破を仕掛ける。相手選手が距離をとって対応してこようとも、スピードを緩めることなくPA付近まで持ち込むと、ラストパスからフリーになったFWアンデルソン・ロペスが蹴り込んで同点に追い付く。さらに同17分には、MF遠藤航のパスミスを拾って一気に敵陣深くまで持ち込むと、相手の注意を引きつけてA・ロペスの逆転ゴールをお膳立てした。

「レッズのホームで0-2から取り返すのは、どのチームにとっても難しいこと。でも、その相手に自分たちが折れることなく立ち向かえたのは良かった」

 2得点をお膳立てした以外の場面でも、左サイドからの単独突破で浦和守備陣を後手に回させ、股抜きから好機を拡大させるなど、広島の攻撃をリードし続けた。しかし、後半40分に同点に追い付かれたチームは、同アディショナルタイムに決勝点を献上して3-4の逆転負けを喫した。

 これでチームは4連敗。「前々節、前節に比べれば上向きなのは確かだけど、勝ち点3を取れなければ、最悪でも勝ち点1を持ち帰らないと意味がない」と悔しさを滲ませると、自身のプレーについても「勝たなければ評価されない」と唇を噛む。しかし、「チームが勝って、それに貢献することがすべてだと思うので、チームが勝つための、そして上に行けるためのプレーをしていきたい」と力強く語り、視線を上に向けた。

最終更新:7/2(日) 0:55
ゲキサカ