ここから本文です

名門復活へ積極補強中のミラン、レバークーゼンの“FKの名手”が加入間近

7/2(日) 12:15配信

ゲキサカ

 レバークーゼンに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノール(23)のミラン加入が近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数メディアが報じている。

 同紙によると、チャルハノールの移籍金は2200万ユーロ(約28億2000万円)+ボーナスになる見込み。チャルハノールは2日にミラノに入り、メディカルチェック後に正式に契約をかわす予定だ。

 現役最高のフリーキッカーと評されるトルコ代表MFは、カールスルーエでプロ生活をスタートさせ、ハンブルガーSVを経て2014年にレバークーゼンに加入。ここまで公式戦115試合に出場し、28ゴールを記録した。しかし2011年の契約違反問題で今年2月に4か月の出場停止処分が国際サッカー連盟(FIFA)から言い渡されていた。

 正式にミラン加入となれば、DFマテオ・ムサッキオとMFフランク・ケシエ、DFリカルド・ロドリゲス、FWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニに続く6人目の補強となる。

最終更新:7/20(木) 19:00
ゲキサカ