ここから本文です

都議選:小池知事が勝利宣言、自民は敗北-都民ファが第1党に

7/2(日) 20:50配信

Bloomberg

東京都議選は2日投開票が行われ、小池百合子知事を支持する勢力が過半数を確保する見通しとなった。小池氏は記者会見で勝利宣言した。NHKによると、自民党は過去最低だった2009年の38議席も下回る情勢で、安倍晋三政権にとって打撃となる。

小池知事は2日夜、都議選結果を受けた記者会見で、自身が率いる都民ファーストの会が「第1党の座を確保できた」と述べ、勝因を「改革への姿勢、期待を受けての結果だ」と分析した。自民党の二階俊博幹事長は記者団に対し、「厳粛に受け止め、反省すべき点は大いに反省し、党勢回復に全力を尽くしてまいりたい」と述べた。小池、二階両氏の発言場面をNHKが放映した。

政治評論家の森田実氏は都議選結果が安倍政権に与える影響について「甚大、深刻といっていい。内閣改造はしないといけないが、それで立ち直るような事態ではない」と指摘。自民党内では来年秋の総裁選に向けて安倍首相を交代させようという動きが「ゆっくりと出てくるだろう」との見方も示した。

NHKによると、各党の予想獲得議席は都民ファーストが48から50(現有6)と第1党となり、自民党が13から39(同57)、公明党が21から23(同22)、共産党が10から23(同17)、民進が2から9(同7)などとなっている。都議選には259人が立候補。自民党は60人、都民ファーストは50人を公認候補として擁立した。

都議選は加計学園の獣医学部新設問題などの影響で内閣支持率が急落し、自民党に逆風が吹く中での選挙戦となった。6月27日には稲田朋美防衛相が自民党候補への応援を防衛省、自衛隊としてもお願いしたいと発言。自衛隊の政治利用とも受け取れると批判され、野党側は同氏の罷免を要求している。29日には加計学園が下村博文都連会長のパーティー券計200万円を購入したと週刊誌が報道した。

共同通信によると、安倍首相は2日夜、麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、甘利明前経済再生担当相と都内で会食し、都議選の結果を謙虚に受け止めなければいけないとの認識で一致した。

Yuki Hagiwara

最終更新:7/2(日) 23:27
Bloomberg