ここから本文です

ダニエル・カンがメジャーでツアー初勝利 宮里藍&野村敏京は36位

7/3(月) 7:10配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外女子メジャー第2戦◇KPMG女子PGA選手権 最終日(2日)◇オリンピアフィールズCC(イリノイ州)◇6588yd(パー71)

【画像】宮里藍もドレスアップ!前夜祭の貴重フォト

10アンダー首位タイから出たダニエル・カンが「68」をマークし、通算13アンダーとしてツアー初勝利をメジャータイトルで飾った。2011年の8月にプロ転向し、翌年にツアー参戦。前年覇者のブルック・ヘンダーソン(カナダ)に並ばれて迎えた最終18番(パー5)で、2オン2パットのバーディを奪って勝ち越した。

3打差の3位にカンと同じトップから出たチェ・チェラ(韓国)。通算9アンダーの4位タイにイ・ミヒャン、エイミー・ヤン、キム・セヨンの韓国勢が並んだ。7アンダー7位タイに朴仁妃(韓国)とレキシー・トンプソンが続いた。

日本ツアーを主戦場とする申ジエ(韓国)は3位からスタートし、「74」とスコアを落として5アンダー11位タイで終えた。

ともに2アンダー27位タイからスタートした宮里藍と野村敏京はそろって「73」とスコアを落とし通算イーブンパーの36位タイ。今季限りでの引退を表明後、初のメジャーを戦った宮里は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギー。野村は1番(パー5)でバーディを決めた後、3ボギーをたたいた。

【主な選手の成績】
順位/スコア/選手名
優勝/-13/ダニエル・カン
2/-12/ブルック・ヘンダーソン
3/-10/チェ・チェラ
4T/-9/イ・ミヒャン、エイミー・ヤン、キム・セヨン

36T/0/宮里藍、野村敏京 ほか