ここから本文です

ウェスト・ハムがチチャリート獲得に名乗り…プレミアリーグ復帰なるか?

7/3(月) 11:15配信

GOAL

プレミアリーグのウェスト・ハムが、レヴァークーゼンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス獲得に向けて動いていることが明らかになった。『ESPNFC』が報じている。

これまで、ウェスト・ハムはオリヴィエ・ジルー、ミヒー・バチュアイ、ケレチ・イヘアナチョなど、プレミアリーグのライバルクラブからFW獲得を狙っていたものの、いずれも合意には至らず。

そこでクラブは、プレミアリーグで実績がありながらも、現在はブンデスリーガのレヴァークーゼンでプレーしているチチャリートこと、J・エルナンデスに照準を定めているようだ。同メディアの記者に対して、ウェスト・ハムのクラブ関係者が語っているという。

チチャリートは16-17シーズンにブンデスリーガで26試合11ゴール。チーム最多得点ながら、12位に終わったチームの中で、決して本領発揮とは言えない内容だった。レヴァークーゼンとチチャリートの契約は2018年6月まで。果たして契約満了を前に、レヴァークーゼンがチームの得点源をウェスト・ハムに売却するのか、その動向が注目される。

GOAL

最終更新:7/3(月) 11:15
GOAL