ここから本文です

ファッションEC大手が相次ぎ物流を拡充、スタートトゥデイ、クルーズ、ロコンド

7/3(月) 7:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

ファッションEC大手各社が物流の強化に乗り出している。スタートトゥデイやクルーズ、ロコンドなどが物流拠点の拡充を発表。出荷量の増加に対応するとともに、事業のさらなる拡大を見据えてフルフィルメントを強化する。

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは6月29日、フルフィルメント業務全般を行っている物流センター「ZOZOBASE(ゾゾベイス)」を2017年秋以降、段階的に拡張する計画を発表した。

プロロジスが開発する大型物流施設「プロロジスパークつくば1」の全フロア、約2100坪(7万平方メートル)を新たに賃借する。施設の新築工事は2017年8月に開始し、2018年秋の本格稼働をめざす。

「プロロジスパークつくば1」の稼働に先がけ、千葉県印西市の「プロロジスパーク千葉ニュータウン」の一部を2017年7月から新たに賃借。一連の物流センターの拡張により、物流拠点の規模は2018年秋頃までに合計約7万5700坪(約25万平方メートル)となる見込み。

スタートトゥデイの2017年3月期の商品取扱高は2000億円を超えており、中期目標として商品取扱高5000億円を掲げている。

ファストファッション専門のECモール「SHOPLIST.com by CROOZ」を運営するクルーズも、2018年10月に新たな物流センターの稼働を開始する予定。新物流センター「SG2物流センター」の賃借面積は約1万3734坪。

コマース事業の売上高が5年で約8.6倍に拡大し、商品の取扱量が急増していることから、物流拠点を拡充してフルフィルメントを強化する。

靴のECを手がけるロコンドは約22億円を投じ、物流拠点の延べ床面積を従来比約2倍の約1万1000坪に拡張した。千葉県八千代市内の新たな物流倉庫「GLP八千代」が2017年4月までに本格稼働を開始。ロコンドのEC事業者のほか、EC支援事業の商品配送を手がけている。