ここから本文です

岩場でのびのび 可愛いオットセイ、ニュージーランド・ファーシールの一日

7/3(月) 13:12配信

THE PAGE

THE PAGE

 機内での食事を済ませ、入国審査カードを記入しようとペンを取った。書き進めると持ち込み物のチェック項目がいつもより細かいことが気になった。

フォト・ジャーナル<野生動物との共存ニュージーランド> 倉谷清文第6回

 動物性でもない加工食品から、土が付着していそうなシューズ、キャンプ、ゴルフ用品など。機内でも提供された食品は持参せず機内に残しておいてくださいとのアナウンス。牧畜国だからか検疫が厳しいのかと思ったが、そのためだけではなさそうだ。

 ニュージーランド、とくに野生の動物が多く見られる南島のオタゴ、サウスランド地方に向かった。

 アシカとオットセイ、似たようなものだから居場所も一緒だと思っていたが、野生の生態を見てその違いがはっきりしていることに驚く。

 オットセイの一種、ニュージーランド・ファーシールは岩場の海岸で食べ物が豊富な場所を好み、大きなオスは繁殖のテリトリーを、群れを成して守るという。子供は小さいうちは岩場のまわりで親から餌をもらい、自分で餌を取りに行けるようになるまでは、くぼみの水たまりで泳ぎを覚えたりしているそうだ。岩場で身を寄せ合ったり、水たまりで自由気ままに泳いでいる姿がなんとも可愛い。

(2017年6月撮影・文:倉谷清文)

※この記事はTHE PAGEの写真家・倉谷清文さんの「フォト・ジャーナル<野生動物との共存ニュージーランド> 倉谷清文第6回」の一部を抜粋しました。

最終更新:7/28(金) 16:56
THE PAGE