ここから本文です

K.スタンリーが5季ぶりV 上位4人に「全英」切符

7/3(月) 8:39配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇クイッケンローンズ・ナショナル 最終日(2日)◇TPC ポトマック・アット・アヴェネルファーム(メリーランド州)◇7139yd(パー70)

今週は北の大地へ!アン・シネフォトギャラリー

ともに7位から出たカイル・スタンリーとチャールズ・ハウエルIIIが「66」とし、通算7アンダーの首位タイでホールアウト。プレーオフ1ホール目で決着をつけたスタンリーが、2012年2月「ウェストマネジメント フェニックスオープン」以来となるツアー通算2勝目を飾った。

最終18番で行われたプレーオフ。ハウエルIIIが3オン2パットのボギーとした一方、スタンリーはグリーン奥からのアプローチを手堅く寄せてパーセーブ。1m強のウィニングパットを沈めてガッツポーズを作り、5シーズンぶりとなるタイトル獲得の喜びに浸った。

通算5アンダーの3位タイにリッキー・ファウラーとマーティン・レアード(スコットランド)。首位から出たデービッド・リングマース(スウェーデン)は「73」と落とし、通算4アンダーの5位に終わった。

今大会は海外メジャー「全英オープン」(7月20日~)の予選会を兼ねており、有資格者を除いた上位4人が出場権を獲得。スタンリー、ハウエルIII、レアード、カン・スン(韓国)がロイヤルバークデールGC行きのチケットを手にした。