ここから本文です

購入意欲や売上UPに役立つ、アパレルEC向け「コーディネート掲載サービス」まとめ

7/3(月) 8:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

今回は消費者に価値のあるコンテンツを提供するのに役立つ「コーディネート掲載サービス」の有用性について解説します。限られた資源を有効活用し、コンテンツ拡充や購入率アップが見込める費用対効果の高い施策として注目を集めているのがコーディネート掲載サービス。WEARやCoordiSnapといった大手が手がけるファッションコーディネートサイトやアプリのように、中小規模のアパレルECも商品購入率などを増やせるとされています。

 

コーディネート掲載サービスとは?

「コーディネート掲載サービス」とは、コーディネート画像を掲載するメディアを開設したり、ECサイト内にコーディネートのカテゴリーを追加したりするサービスのことです。「コーディネートASPサービス」とも言います。

例えば、店舗スタッフによるコーディネート画像を登録し、コーディネートで使用したアイテムについての詳細な情報をまとめて掲載し、商品ページに誘導します。

コーディネート掲載サービスの最大のメリットは、寸法を表す数字やテキストでは伝えきれない、商品のサイズに関する直感的な情報提供ができることです。また、コーディネートされることによって、商品がリアリティを帯びてきます。アクセス解析を利用すれば、従来とは違った角度からの商品動向をつかむことも可能です。

コーディネートの掲載を手軽に実現できるサービスをご紹介します。

 

コーディネート掲載サービス4選

□ COCODEMO(ココデモ)

 運営:株式会社クラベス
 イニシャルコスト:25万円~

ITベンチャー企業のクラベスが2015年7月にベータ版をローンチしたコーディネートASPサービス。スタッフごと、店舗ごとに投稿の成果を可視化でき、スマートフォンでの管理も可能です。

□ SnapBoard(スナップボード)

 運営:株式会社ガイアックス
 イニシャルコスト:10万円~

特集ページの作成やバーコードを利用した商品データとのスムーズな連携や管理が可能。投稿画像のPV・UUなどのデータを蓄積できます。

□ STAFF SNAP(スタッフスナップ)

1/2ページ