ここから本文です

阪神・藤浪が二軍戦で危険球退場 金本監督「もうちょい待ちましょう」

7/3(月) 11:01配信

東スポWeb

 二軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(23)が2日、ウエスタン・リーグの中日戦(ナゴヤ球場)で頭部死球を与え危険球退場となった。

 5月27日の二軍降格後5度目の登板となった藤浪は、4回まで3者連続押し出しを含む6四死球と制球に苦しんだ。5回無死一塁では、9番の右打者・石垣への直球がすっぽ抜けて頭部を直撃。球場が一時騒然とする中、審判から退場処分を命じられた。

 報告を受けた金本監督は「もうちょい待ちましょう」と多くを語らず、香田投手コーチは「ファームで今、もがいているところ。できる時もあれば、できない時もある。『当てちゃいけない』というところから狂うこともあると思う。『まだまだ頑張りましょう』ということでしょう」と話すにとどまった。

 制球難を克服し、一軍の戦力になるにはもう少し時間がかかりそうだ。

最終更新:7/3(月) 11:01
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報