ここから本文です

カンニング竹山 安倍首相の“アキバ発言”を問題視

7/3(月) 11:26配信

東スポWeb

 お笑い芸人・カンニング竹山(46)が3日、TBS系朝の情報番組「ビビット」に出演し、東京都議選で歴史的惨敗を喫した自民党について、安倍晋三首相(62)の“ある発言”を問題視した。

 安倍首相は選挙戦最終日の1日、東京・秋葉原で応援演説を行った。森友学園、加計学園問題などで政権への批判が集まる中で、選挙カーに立った安倍首相に「辞めろ」「帰れ」コールが浴びせられ、かつて“自民党の聖地”とまで言われたアキバは騒然となった。

 都議選の密着リポートを担当した竹山は「安倍さんが、ちょっとまずかったなと思うのは、辞めろコールをする人たちに『あのような人たちが』って言っちゃったじゃないですか」と指摘。続けて「この先は分からないですけど、これが自民の安倍政権の最後の失言じゃないけれど、あの場所で『あのような人たち』と敵にするんじゃなくて、総理大臣としては『私たちも頑張ります』というべきだった。あの発言が今後どうなるのか、注目ですね」とコメントした。

 世間では自民・豊田真由子衆院議員(42)の暴言・暴行騒動が注目されているが、竹山は安倍首相の発言も影響が大きかったのではないかというのだ。

最終更新:7/3(月) 12:36
東スポWeb