ここから本文です

成田空港、9月に検定試験 6回目、知識競う

7/3(月) 16:32配信

Aviation Wire

 成田空港の利用促進を図る成田国際空港振興協会は、9月17日に「成田空港力検定」を開催する。空港の歴史や機能などの知識を認定するもので、今回で6回目の開催となる。申し込みは8月2日午後5時まで。

 検定では歴史や機能、航空会社、公共交通機関など、成田空港に関することのほか、航空科学博物館、空港周辺名所や特産品に関することの知識を競う。70問程度出題し、70%以上の正解で合格とする。

 合格者は空港内のレストランやショップ、駐車場などの割引特典がある。最高得点者をチャンピオンとし、盾と賞状を授与。90点以上にゴールド、80点以上にシルバー、70点以上にブロンズのカード型認定証と賞状を授与する。

 受験者全員を、飛行機を間近に見られるツアーに招待するほか、ツアー参加者の中から抽選でハンガー見学にも招待する。

 試験会場は成田空港内で、受験料は2050円。当日は受験票と筆記用具、時計を持参する。携帯電話を時計として使うことはできない。

 同検定は2013年1月26日に1回目を開催し、2回目からは毎年9月に開催している。直近の5回目は2016年9月25日に開催し、153人が受験。ゴールドが1人、シルバーが6人、ブロンズが30人だった。

Yusuke KOHASE

最終更新:7/3(月) 16:32
Aviation Wire