ここから本文です

勝谷誠彦氏 暴走敗北宣言 今後の政治活動「しません」 兵庫県知事選

7/3(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 任期満了に伴う兵庫県知事選は2日、投開票が行われ、無所属の現職・井戸敏三氏(71)が当選し、5選を果たした。井戸氏の多選を批判し、県政刷新を訴えたコラムニストの勝谷誠彦氏(56)は及ばず。半世紀以上、官僚出身者が知事を担い続ける県政への“劇薬注入”はならなかった。

【写真】東京では小池氏高笑い…自民トップは渋面

 接戦も予想されたが、結果は投票締め切り直後に井戸氏当確が伝わる瞬殺だった。勝谷氏は支援者が集まった神戸市内の会場に姿をみせると「あー楽しかった」と敗北宣言。「17日間で普通の人の生涯賃金の半分くらい使って楽しませてもらった」と笑顔で語った。

 国政では加計学園を巡る問題などで与野党が激突する中、兵庫では自民、公明、民進などの県組織が井戸氏を支援。厚い壁に跳ね返された格好の勝谷氏は、発言が徐々にエスカレートし「日本の保守がいかに腐ったクソ保守かが分かった。死ね!」と暴走した。

 選挙戦では、多くの県民から手を振って声援を受けたことを振り返りつつ、「その下に深い深い、暗い暗い、地下水脈が流れている。あれには勝てない」と語った。

 今後の政治活動に関しては「しません」と宣言。「この経験をもとに最先端の論陣を張る。肩書は“元兵庫県知事候補”。泡沫(ほうまつ)極まれりだが、ペラペラのコメンテーターより100倍使える」とアピールし「各メディアの皆さま、謙虚にやりますから雇ってください」と頭を下げて笑わせた。

 勝利した井戸氏について「あのオッサン、本当に20年(知事)やるの?兵庫県大変だねえ」と勝谷節。支援者に「その青い(陣営の)Tシャツ、早く脱いだほうがいいよ」とニヤリとし「ごめんね。ありがとうね」と感謝。悔しさは表に出さず戦いを終えた。