ここから本文です

Superfly、蔦谷好位置をサウンドプロデューサーに迎え一夜限りのオーケストラ編成によるライブ開催

7/3(月) 12:15配信

エキサイトミュージック

2007年4月4日、シングル『ハロー・ハロー』でメジャーデビュー以来、「愛をこめて花束を」「タマシイレボリューション」「Beautiful」等、数々のヒットソングを世に送り出し、今春メジャーデビュー10周年を迎えたSuperfly。デビュー記念日となる4月4日にリリースした『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”』に次ぐ10周年記念企画として、ワンマンライブとしては約1年8ヶ月ぶりとなる一夜限りのプレミアムライブ『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”』が東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアルで開催されることが決定した。

数々のヒットソングを共に送り出してきた蔦谷好位置(agehasprings)をサウンドプロデューサーに迎え、初のオーケストラ編成、この日のために管弦楽アレンジを施したSuperflyオリジナル曲の数々に10周年の感謝をこめて奏でる、プレミアムなライブとなる。

また、今回はSuperfly初の試みとして、ライブ・ビューイングの開催も決定。当日の公演の模様は全国各地の映画館に生中継される。

なお、10周年記念プレミアムライブとライブ・ビューイングの告知に合わせ、最新アーティスト写真も初披露された。今回の写真は、Superflyの代表曲のひとつ「愛をこめて花束を」のジャケット写真で志帆がまとったヘッドドレスを手掛けたフラワー・アーティスト michiko氏とSuperfly 志帆が、10周年という特別なタイミングで再びタッグを組み撮影されたもの。「愛をこめて花束を」が発表された約10年前、新芽やハーブなどを主体としたグリーンが印象的だったヘッドドレスが、年月を重ね目にも鮮やかな色彩、大きく咲き誇る花々があしらわれたものへと変化している。イメージをひとつにする衣裳と相まって、まるで志帆自身が花束になったかのような印象だ――。

10年間の感謝を込め、満を持して開催される今秋のライブでSuperflyはどんな姿を見せるのだろうか。楽しみに待ちたい。

≪ライブ情報≫
【Superfly 10th Anniversary Premium LIVE“Bloom”】
2017年11月15日(水)東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
チケット¥9,720(税込)
※中学生未満入場不可(小学生・未就学児入場不可)

≪ライブ・ビューイング実施概要≫
【Superfly 10th Anniversary Premium LIVE“Bloom”LIVE VIEWING】
2017年11月15日(水)19:00開演
※全国各地の映画館にて実施
※開催劇場は、後日ライブ・ビューイング特設サイト、Superflyオフィシャルサイトで発表
※開場時間は映画館によって異なります