ここから本文です

トランプ氏が「ラリアット動画」公開 相手は「顔部分がCNN」の男

7/3(月) 16:57配信

J-CASTニュース

 米国のトランプ大統領のメディア攻撃がさらにエスカレートしている。2017年6月末には、テレビ番組の司会者に対して侮辱的な言葉を書き込んだとして問題化したばかりだが、今回は、画像処理で頭部がCNNのロゴになっている人物を倒して床に叩きつける動画を公開した。

 CNN側は「記者に対する暴力を奨励している」と反発している。

■CNNへの罵倒が「フェイクニュース」から「詐欺ニュース」に

 トランプ氏2017年7月2日夜(日本時間)、「詐欺ニュースCNN」を意味する「#FraudNewsCNN」と、その略称とみられる「#FNN」の2つのハッシュタグをつけて、トランプ氏が、プロレスのリングサイドで、ある男性の首にラリアットのような技をかけて倒し、床にたたきつける、約28秒の動画を投稿した。男性の顔や頭部は、画像処理されてCNNのロゴになっている。動画は、CNNのロゴをもじった「FNN」の文字が大きく表示されて終了する。米メディアによると、動画はトランプ氏が実際に乱入した2007年世界レスリングエンターテインメント(WWE)の試合の動画を編集したものだとみられる。

 トランプ氏はこれに先立つ17年7月2日朝、

  「フェイクニュースCNNの名前を詐欺ニュースCNNに変えるかどうか考え中」

とツイートしていた。この結論を動画で公開したようだ。

CNN「大統領が記者に対する暴力を奨励する悲しい日」

 CNNはトランプ氏のツイートを受け、

  「今日は、大統領が記者に対する暴力を奨励する悲しい日だ」
  「私たちは私たちの仕事を続ける。大統領も自分の仕事を始めるべきだ」

などと非難する声明を出した。

 この動画については、CNNだけでなく他メディアも伝えた。たとえばトランプ氏に批判的なニューヨーク・タイムズは

  「こういった動画は、現職大統領による表現方法としては一般的ではない」

と、半ばあきれた様子。一方で、トランプ氏に好意的な論調が多いフォックスニュースは、

  「トランプ大統領によるCNNへのツイッター攻撃が新たな段階に入った」

と前向きに伝えた。

 トランプ氏は6月29日深夜(日本時間)ニュース専門局MSNBCの報道番組「モーニング・ジョー」の司会者について、ツイッターで

  「低IQで頭がおかしい(Crazy)」
  「精神病質者(Psycho)」
  「フェイスリフト(編注:顔のしわ取り手術の痕)から、ひどく出血していた」

などと罵倒し、MSNBCがツイッターで

  「今日は米国にとって悲しい日だ。大統領が仕事をするのではなく、いじめやうそつき、つまらない個人攻撃に時間を費やしている」

と非難声明を出したばかりだった。

最終更新:7/3(月) 16:57
J-CASTニュース