ここから本文です

(患者を生きる:3336)我が家で 認知症:1 不安や焦り、抑えられず

7/3(月) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 「夫が歩けなくなって、ようやくかわいいなって思えるようになりました」。京都市伏見区の大原秀雄(おおはらひでお)さん(76)の妻貞子(さだこ)さん(73)は、張り詰めた介護の日々を振り返った。秀雄さんは8年前「前頭側頭型認知症」と診断された。病気が原因で、貞子さんや物にあたるようになっていた。
 秀雄さんは2001年、市内の病院で営繕の仕事を60歳で定年退職。異変はその前後に表れた。退職の2年前、車を運転中に突然、高速道路で「ブレーキがきかない」と言い出した。だが、ブレーキに問題はなかった。02年に嘱託で元の職場に戻ったが、翌年に急に辞めてしまった。……本文:1,950文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社