ここから本文です

米RPAベンダーのオートメーション・エニウェア、日本市場に本格進出へ

7/3(月) 17:31配信

BCN

米RPAベンダーのオートメーション・エニウェア、日本市場に本格進出へ

オートメーション・エニウェアのアングル・コチェラ・チーフ・レベニュー・オフィサー

 米RPAベンダーのオートメーション・エニウェアは、日立ソリューションズを販売代理店として国内市場に本格参入する。オートメーション・エニウェアの国内販売代理は、日系企業としては日立ソリューションズが初めて。また、オートメーション・エニウェアは、日本法人の早期の設立にも意欲を示した。

 来日したオートメーション・エニウェアのアングル・コチェラ・チーフ・レベニュー・オフィサーは、「作業プロセスを自動的に記録することで、誰でも、どのようなプロセスでも自動化することが可能」と、使い勝手のよさをアピール。今回の日立ソリューションズとの販売代理店契約をきっかけに、「早いタイミングで日本法人も立ち上げたい」と日本市場への本格進出に意欲を示した。

 RPAは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、既存の業務アプリケーションに手を加えることなく、入力作業などを自動化できるツール。RPAを開発するベンダーは、オートメーション・エニウェアのほかに、英Blue Prism(ブループリズム)や米UiPath(ユーアイパス)、イスラエルのNICE(ナイス)などが有名で、国内ではNTTアドバンステクノロジが「WinActor(ウィンアクター)」を製品化している。

最終更新:7/3(月) 17:31
BCN