ここから本文です

葉や木の実で草木染 児童ら30人挑戦 静岡

7/3(月) 8:09配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 NPO法人しずおか環境教育研究会は2日、静岡市駿河区の遊木の森で「里山しごと体験講座」を開いた。幼児や小学生の親子連れ約30人が、山の中で集めた葉や木の実を使って草木染に挑戦した。

 参加者はイタドリの葉、栗のおしべ、キノコなどを採取。鍋で煮出して染め液を作り、ハンカチを染めた。葉や木の実から出てくる色が、作業過程で変化していく様子も観察。オレンジや茶色、淡い草色など色とりどりのハンカチが出来上がると、歓声が沸いた。母親と参加した静岡大付属小2年の女子児童(7)は「色の実験みたい」と目を輝かせた。

 同講座は「元を知る」をテーマに、かつての里山の手仕事を、四季を通じて学んでいく。石臼を使ったきな粉作り、たき火クッキングを予定している。

静岡新聞社