ここから本文です

【LEGEND】ノブ・ハヤシ、反則が影響し悔しすぎる敗戦

7/3(月) 18:09配信

イーファイト

株式会社レジェンド
「火の国格闘伝説 LEGEND7」
2017年6月29日(木)熊本・ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ ストリングスの間

【フォト】胴回し回転蹴りなど派手な技で観客を魅了した長島☆自演乙☆雄一郎

▼メインイベント ヘビー級キック 3分3R
○ピーターソン・シャカル(T.B.NATION/ブラジル)
TKO 2R 45秒 
●ノブ・ハヤシ(ドージョーチャクリキ・ジャパン)

 1999・2004年のK-1 JAPAN GP準優勝者ノブは急性骨髄性白血病を乗り越えた不屈のファイター。シャカルはブラジル出身で愛知県在住の36歳。タイのプーケット島にあるAKAタイランドでも特訓を積んでいる。

 両者は7月24日(月)東京・後楽園ホールで開催されるアントニオ猪木プロデュース大会『ISM』の異種格闘技戦トーナメントに参加する事が決まっている。今回はその前哨戦となり、お互いに勝って勢いに乗りたいところ。

 試合開始早々、シャカルが反則のヒザ関節蹴りを放ち、平レフェリーが直ぐさま試合を中断。この反則行為によりシャカルにはイエローカード、減点1が宣告される。ヒザにダメージの残るノブだが気力で立ち上がり試合再開。

 2R、ノブのパンチによりシャカルが大きくぐらつくが、逆にパンチの打合いをシャカルが制し、ノブからダウンを奪う。立ち上がったところをさらに大振りのフックを当ててノブを倒しTKO勝ちを収めた。序盤の関節蹴りでヒザにダメージを負ったノブは悔し過ぎる敗戦。「もう一度、INOKI ISMのトーナメント決勝できちんと戦いたい」と再戦への決意を語った。

最終更新:7/3(月) 18:09
イーファイト