ここから本文です

親子で桃狩り 旬の味覚も堪能 静岡・駿河区

7/3(月) 8:34配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市は1日、旬の食材に親しむ「旬穫祭」を駿河区広野で開いた。市内の小学生と保護者24組48人が参加し、桃狩りなどを体験した。

 長田桃生産委員会の農業者から桃の扱い方について説明を受けた親子は、広さ2千平方メートルの桃畑で一つずつ丁寧にもぎ取った。父親と一緒に参加した小学3年の男子児童(8)は「枝から取るのが難しかったけれど、大きい桃を収穫できてうれしい」と笑顔を見せた。

 同会の永嶋雄大委員長(53)は「今年は甘みが強く味が良い。生産者が丹精込めて育てた桃を味わってほしい」と話した。参加者はその場で試食し、旬の味を堪能した。

 近くのシラスの加工所で、たたみいわし作りも体験した。

静岡新聞社