ここから本文です

高橋一生、注目女優・桜井ユキの恋人役に!気鋭監督・二宮健の商業映画デビュー作

7/3(月) 17:30配信

cinemacafe.net

自主映画界で活躍してきた25歳の気鋭監督・二宮健の商業映画デビュー作『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTYーリミット・オブ・スリービング ビューティー』に、園子温監督のAmazonオリジナルドラマ「東京ヴァンパイアホテル」などで注目を集める桜井ユキが映画初主演。高橋一生がその恋人役を務めることになった。

【写真】高橋一生

小さなサーカス団でマジシャンの助手をしているオリアアキ(桜井ユキ)、29歳。女優を夢見て上京してから10年。サーカスに入団したころは若く美しかったアキも、30歳を目前に、生きる目標すら見失い、モラトリアムな日々を繰り返していた。アキはステージの上で、マジシャンの催眠術にかかるふりをする。体を浮かされ、剣に刺され、催眠状態を演じているうちに、妄想と現実の境界が揺れ、自分が生きてきた人生の軌跡、過去の疑問と屈折が彼女の中を駆け巡る。やがてアキの精神状態は、現実と妄想の2つの世界を行き来するうち、徐々に摩耗していく。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生がはじまる…!?

中学時代から40本以上の自主映画を作りつづけ、『SLUM-POLIS』(‘15)、『MATSUMOTO TRIBE』(‘17)など、発表される作品が立て続けに注目を浴びる二宮監督の、満を持しての商業映画デビューとなる本作。現実と妄想の目まぐるしい交錯を描くオリジナル脚本も自ら手がけ、緻密な映像で見せる高揚感に満ちた世界観は、これまで誰も見たことのない挑発的な作品となった。

物語の主人公・オリアアキは、29歳の売れない女優であり、毎日、小さなサーカス団でマジシャンの助手をしているが、ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破たんを迎えようとする中、唯一、美しい思い出として恋人・カイトとの時間だけ残る。

そのアキを演じるのは、本作が映画初主演となる桜井さん。石井岳龍監督の『ソレダケ/that’s it』、三池崇史監督の『極道大戦争』、さらに園監督の『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』と日本映画界が誇る鬼才監督の作品に立て続けに出演し、2016年にはドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」にも出演。最も勢いのある女優の1人としてアツい視線を注がれており、本作が描く特異な世界観の中でも鮮烈な演技を披露する。

そして、アキの恋人・カイトを演じるのは、いま最も女性を熱くする男として大河ドラマ「おんな城主 直虎」、次期朝ドラ「わろてんか」、映画『blank13』『嘘を愛する女』など話題作が目白押しの高橋さん。その柔和な魅力が、スタイリッシュな映像美の中でひと際光るはずだ。そのほか、成田凌、満島真之介らの出演も見逃せない。

過去と現在、現実と妄想。観る者を縦横無尽の世界に引き込んでいく力強い映像で綴るのは、意外にも人間の根源に迫る骨太のヒューマンドラマ。今後の続報にも、注目していて。

『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』は10月、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

最終更新:7/3(月) 19:26
cinemacafe.net