ここから本文です

アンチェロッティ監督、サンチェスへの関心認めるも「狂った金額は出さない」

7/3(月) 11:49配信

ISM

 バイエルン(ドイツ)のカルロ・アンチェロッティ監督が、アーセナル(イングランド)に所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスに言及した。現地時間2日(以下現地時間)に英『スカイスポーツ』が報じている。

 アーセナルとの契約が残り1年となっているサンチェスは、以前から去就が注目されており、マンチェスターCやチェルシー(イングランド)、ユヴェントス(イタリア)など多くのクラブが関心を寄せていると伝えられている。同選手は6月30日、今後について決断を下しているとしつつ、来季の所属先を明言することは避けていた。

 そんななか、ドイツ王者バイエルンも、サンチェス獲得をねらっているクラブの1つといわれている。会見でアンチェロッティ監督は、「チャンスがあれば、クラブは準備するだろう」とコメント。「多くの噂がある。アレクシスは素晴らしい選手だが、世界で唯一の選手ではない。私はアレクシスが好きだがね」と、同選手への関心を認めた。

 アンチェロッティ監督は続けて、「移籍市場ではさまざまな可能性がある。今の市場は狂っていると思うよ。そしてバイエルンはクレイジーなクラブではない」「私はこのクラブの文化を知っている。クレイジーな金額を出さなければいけない選手たちを求めることはない。しかし、チャンスがあるなら、もちろんだ」と、法外な移籍金を支払うことはないとしつつ、獲得の可能性に含みを持たせた。

最終更新:7/3(月) 11:49
ISM

スポーツナビ サッカー情報